新加坡佛牙寺龍牙院 / The Buddha Tooth Relic Temple and Museum

スポンサーリンク

新加坡佛牙寺龍牙院 / The Buddha Tooth Relic Temple and Museum 基本情報

Buddha Tooth Relic Temple and Museum
Buddha Tooth Relic Temple and Museum / aschaf

新加坡佛牙寺龍牙院は、チャイナタウンの中心部に、黄金に輝く壮大な仏教寺院です。ミャンマーの寺院で発見された仏陀の歯を納めるために、2007年5月に建てられたばかり。瓦屋根を持つ唐王朝時代の建築様式で、朱塗りの柱も鮮やかです。3階には入場無料の仏教博物館があり、美しい仏像や珍しい仏陀の遺物が展示されています。

1階の正面入口を入ると、財宝を司る黄財神像や、微笑を浮かべる如意輪観音像があります。如意輪観音像の奥には、巨大な弥勒菩薩像が鎮座する大ホールが広がっています。壁や天井は金と赤、左右の壁には100体の仏像が祀られており、その周囲には小さな仏像が無数に並べられています。

中2階にエレベーターで上がると回廊があり、黄金に輝く弥勒菩薩ホールを見下ろすことができます。また、周囲の壁面にはシンガポールや外国の高僧が紹介されています。2階へ上がると図書館とショップがあり、仏教関連書籍や美術書を閲覧することができます。ショップには書籍からレプリカの仏像、Tシャツまであります。

3階には仏教博物館「龍華展覧館」があります。タイ、カンボジア、ミャンマー、インド、チベット、中国などの仏像や仏教遺跡が仏陀の一生とその教えとともに展示されています。各国の仏像を見比べてみると、その特徴が出ており興味深いものがあります。 「龍華展覧館」の奥の方には、仏陀と高高僧たちの「舎利」が展示されている「舎利殿(Relic Chamber)」があります。展示されているのは、火葬後に発見される遺物で、遺物の結晶が様々な色を持ち、金色は肉、真珠色は骨、赤は血がそれぞれ結晶化したものです。

4階にエレベーターで上がると、仏陀の歯を祀る大ホールがあります。こちらは土足禁止で、写真撮影もNGです。ガラス越しに黄金のストゥーパがあり、その中にミャンマーの寺院で発見された仏陀の歯が納められています。ストゥーパの上の天井には、曼荼羅が描かれています。

4階から屋上に階段で上がることができます。扉を開くと、様々な種類のランの花が咲くガーデン、そしてガーデンを囲む赤柱の回廊が視界に飛び込んできます。壮大な寺院の中にある、憩いの空間となっています。ガーデンの中心には、瓦屋根の建物「萬佛閣」が建っており、そこには金色の梵字で彩られた巨大な「転経器(マニ車)」がおかれています。 最新の寺院に、貴重な仏教美術や遺物を数多く納めた「新加坡佛牙寺龍牙院」は、チャイナタウンを訪れるなら、是非、訪問したい場所です。

Buddha Tooth Relic Temple
Buddha Tooth Relic Temple / aschaf
Buddha Tooth Relic Temple, Chinatown, Singapore
Buddha Tooth Relic Temple, Chinatown, Singapore / conray
Buddha Tooth Relic Museum
Buddha Tooth Relic Museum / jofo2005
Buddha Tooth Relic Temple
Buddha Tooth Relic Temple / sdgothchic
住所
288, South Bridge Road. Singapore 058840
交通アクセス
MRTノース・イースト線のチャイナタウン(Chinatown)駅下車、徒歩約7分。
Tel
+65-6220-0220
Fax
+65-6220-1261
料金
無料
開館時間
7:00~19:00。龍華展覧館は9:00~19:00
休業日
無休
公式オフィシャル・サイト
新加坡佛牙寺龍牙院 / The Buddha Tooth Relic Temple and Museum 中国語・英語

新加坡佛牙寺龍牙院の詳細地図

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
Roof of the Buddha Tooth Relic Temple
Roof of the Buddha Tooth Relic Temple / sdgothchic

新加坡佛牙寺龍牙院旅行記ブログ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ