シンガポール切手博物館 / Singapore Philatelic Museum

シンガポール切手博物館は、切手を通してシンガポールの歴史を辿ることをコンセプトにした博物館です。

切手マニアの方はもちろんのこと、特に切手に興味がない方でも、興味深く見ることができるよう趣向が凝らされています。

スポンサーリンク

切手でシンガポールの歴史を辿るシンガポール切手博物館

博物館は、1907年にイギリス系中国人小学校だった2階建て建物を改装したもの。アーチ状の柱や透かし彫りなど建物自体も見ごたえがあります。

中に入るとチケットカウンターがあり、チケット替わりに切手博物館のシールを衣服に貼って博物館を見学します。

建物内部には合計6つのギャラリー(ルーム)に分かれています。1階の「オレンジ・ルーム」では、切手の歴史が紹介されています。

ナント、1840年に世界で初めて発行された「ペニー・ブラック」と呼ばれる英国の1ペニー切手も展示されています! 切手マニアなら飛び上がって喜びそうなアイテムです。

次のパープル・ルームでは、切手のデザイン・製版・印刷・裁断などシンガポールの切手の製造過程が、実際に使われる道具とともに詳細に紹介されています。

続いて、グリーン・ルームでは世界の有名な切手コレクターや珍しいレアな切手の展示。スライド式の引き出しを引くと、世界各地の美しい切手を見ることができる仕組みです。

さらに2階に上がると、切手でシンガポールの歴史を学ぶことができるヘリテージルームがあります。シンガポールで発行された切手のデザイン内容に対応して、伝統的な装飾品や日用品が展示されています。例えば、婚礼衣装がデザインされた切手の横には、サロンケバヤの実物が展示されているといった具合です。

次のルーム・オブ・レアリティーズに入ると、英国統治時代からの貴重な切手関連の展示があります。1800年代にシンガポールと英国との間を行き来した書簡など、貴重な切手&手紙が展示されています。第二次大戦中に日本占領下で発行された日本語入りの切手もあります。

Singapore Philatelic Museum
Singapore Philatelic Museum / erwinsoo
DSC_7962
DSC_7962 / alexxis
DSC_7955
DSC_7955 / alexxis
DSC_7969
DSC_7969 / alexxis

シンガポール切手博物館の概要

正式名称
シンガポール切手博物館 / Singapore Philatelic Museum
住所
23B Coleman Street Singapore 179807
交通アクセス
MRT南北線線・東西線のシティ・ホール / City Hall駅のB出口を下車、徒歩約10分。
Tel
+65-6337-3888
料金
大人:5シンガポールドル、3~12歳の子供:4シンガポールドル、60歳以上:4シンガポールドル
クレジットカードの利用可
開館営業時間
月曜:13:00~19:00。火~日曜:9:00~19:00
休業日
無休
公式オフィシャル・サイト
Singapore Philatelic Museum 英語

シンガポール切手博物館の詳細地図

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

最新!シンガポール切手博物館 ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Singapore,Philatelic,Museum’)); ?>

シンガポール切手博物館旅行記ブログ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ