ダルハウジー記念碑 / Dalhousie Obelisk

スポンサーリンク

インド総督ダルハウジー・マーキスを記念したダルハウジー記念碑

アジア文明博物館のすぐ隣りにあるダルハウジー記念碑は、インド総督だったダルハウジー・マーキスに由来する記念碑=オベリスクです。記念碑に周りは、装飾された4つの街灯が立ち、雰囲気を醸し出しています。

ダルハウジー・マーキスは1848年から1856年までインド総督を務めた人物で、彼の2回目のシンガポール訪問を記念して1850年に建てられました。英国統治時代の面影が残る貴重な史跡の一つです。

ジョン・ターンブル・トムソンが設計した記念碑は、ロンドンのテムズ河畔にあるオベリスク「クレオパトラの針」をモデルとしたと言われています。

周囲一帯は、アジア文明博物館をはじめ、英国統治時代の壮麗な建築物が数多く残されている地域です。散策にはもってこいのエリアです。

Dalhousie Obelisk
Dalhousie Obelisk / soham_pablo

ダルハウジー記念碑の概要

正式名称
ダルハウジー記念碑 / Dalhousie Obelisk
住所
1 Empress Place Singapore
交通アクセス
MRTノース・サウス線orイースト・ウェスト線のラッフルズ・プレイス(Raffles Place)駅のH出口下車、シンガポール・リバーにかかるカベナ橋をを渡り、アジア文明博物館の隣。徒歩約5分。
料金
無料
開館営業時間
休業日

ダルハウジー記念碑の詳細地図

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

最新!ダルハウジー記念碑 ギャラリー

Dalhousie Obelisk
Dalhousie Obelisk / zhaffsky
20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Dalhousie,Obelisk’)); ?>

ダルハウジー記念碑旅行記ブログ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク