プラナカン博物館 / Peranakan Museum

プラナカン博物館 / Peranakan Museum 基本情報

概要
15世紀後半から中国やマレーの文化とヨーロッパの文化をミックスさせて生まれた独特の生活文化であるプラナカン。そのプラナカン文化の一大コレクションを集めた博物館がプラナカン博物館 / Peranakan Museum です。1912年に建てられた学校を利用した3階建ての博物館内は、プラナカンの結婚式や服飾文化、宗教や食生活などの各テーマに沿って構成され、その独特の伝統文化が見事に紹介されています。
Peranakan Museum
Peranakan Museum / tolomea
1階のギャラリーでは、現在のプラナカンの人々を紹介するコーナー、2階のギャラリーには中国由来の豪華な衣装や豪華な金のアクセサリーなど、行事・結婚式に関連するものが展示されています。 さらに3階には、ニョニャ(Nyonya)と呼ばれるプラナカン女性の文化を紹介するギャラリーがあります。彼女らが作ったビーズ刺繍のレベルの高さは芸術レベル! さらにニョニャのファッションである「サロン・ケバヤ」の展示や、「ニョニャ・ウェア」と呼ばれるプラナカン独特の陶器の展示品などが並んでいます。なお、博物館には日本語リーフレットも用意されている他、週2回ほど、日本語ボランティアガイドによる日本語ガイド解説もあります。
Realm of the Immortal II
Realm of the Immortal II / trioptikmal
住所
39 Armenian Street
交通アクセス
MRTノース・サウス線&イースト・ウェスト線のシティ・ホール/City Hall駅下車。B出口を出て徒歩約10分。
Tel
+65-6332-7591
料金
大人:6シンガポールドル、学生・60歳以上:3シンガポールドル、6歳以下の子供:無料、最大5人までの家族:25シンガポールドル。 ※購入日を含め7日間有効のアジア文明博物館とプラナカン博物館の共通チケットもあります。
開館時間
月曜日:13:00~19:00、火~木曜日・日曜日:9:30~19:00、金曜日:9:30~21:00
休館日
無休
公式オフィシャル・サイト
Peranakan Museum 英語
Viridian I
Viridian I / trioptikmal

プラナカン博物館 / Peranakan Museum の詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
スポンサーリンク

プラナカン博物館旅行記ブログ リンク集

A feed could not be found at http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?q=%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%B3%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%80%80%E6%97%85%E8%A1%8C&hl=en&safe=active&biw=1362&bih=753&output=rss

DSC_7905
DSC_7905 / alexxis
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ