マーライオンパーク(公園)/ Merlion Park

スポンサーリンク

シンガポールのシンボル的存在、ライオンの頭部に魚の下半身を持ったマーライオン

ライオンの頭部に魚の下半身を持ったマーライオンは、シンガポールのシンボルとしてあまりに有名です。考案したのはヴァン・クリーフ水族館の学芸員を務めていたフレイザー・ブラナーで、マーライオンの彫像はシンガポールの著名な彫刻家リム・ナンセンの手によるもの。

マーライオンは、もともとシンガポール政府観光局のシンボルとして造られたものなので、ロゴ等を商品などに使用する際には、条件により観光局の本局へ許可申請を行う必要があるそうです。

高さ8.6m、重さ70トンの巨大な像は、1972年9月15日、シンガポールの初代首相リー・クアンユー首相によって除幕式が行われています。2004年4月に現在のマーライオン・パークに移されて今日に至っています。なお、巨大なマーライオンの後ろにいる、高さ2mのミニ・マーライオンもリム・ナンセン氏が制作したものです。

さて、マーライオンを見るなら、ズバリ、夜間がお勧めです。公園に並ぶ円柱状の光とあいまって、美しく幻想的にライトアップされ、その中に白いマーライオンが浮かび上がります!

そして近くには、ラッフルズ・プレイスの高層ビル群、そしてマリーナ・ベイの対岸には、エスプラネード・シアターズなどの建築群が並び、さらには2010年にオープンしたマリーナベイ・サンズの3つのビルなどのライトとともに描き出す光景は、華麗かつ豪華そのものです!

なお、2012年9月15日で40歳の誕生日を迎えます。それに先立ち、6月15日から大がかりな補修工事がおこなわれました。40歳を迎えたまーライオンは、9月中は、お祝いのライトアップ・ショーがあります。

マーライオンパーク(公園)基本情報

名称
マーライオンパーク(公園)/ Merlion Park
住所
Merlion Park 1 フラートン・スクエア, シンガポール
交通アクセス
MRTノース・サウス線&イースト・ウェスト線のラッフルズ・プレイス/Raffles Place 駅下車。H出口から徒歩約10分。
料金
無料
開園時間
24時間
休業日
無し
公式オフィシャル・サイト
Merlion Park
Nothing Can Stop The Tourists(Singapore)
Nothing Can Stop The Tourists(Singapore) / gyverchangphotos
Marina Bay Skyscrapers
Marina Bay Skyscrapers / revention

マーライオンパーク(公園)の詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

マーライオンパーク(公園) 旅行記ブログ リンク集

A feed could not be found at http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?q=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%80%80%E6%97%85%E8%A1%8C&hl=en&safe=active&biw=1362&bih=753&output=rss

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ